日本選抜美術家協会について

About Japanese Selection Artist Association

協会の歩み

 1975年1月山手教会のご好意に依り、同教会の小ホールを絵画展示室として1年間無料提供許可を得、同年2月より平和をテーマとする作品展を開催、仮称「七ツの光」展として七名の創立委員で第1回展より第10回展まで開催しました。第11回展を日本選抜作家グループ日選展と改め、会員制とか作風にとらわれることなく、人間性豊かにして平和を愛し相互協力により画家の理想実現を目指すことにしました。
 第11回展を東京交通会館シルバーサロンAで4月に開催以降毎年4月を会期として、1992年迄18回展をへて19回展を東京芸術劇場ギャラリーにて開催以来、毎年5月を会期と定め日本選抜美術家協会展である日選展を開催することになりました。平成元年8月、新しいシステムの全国公募コンクール展、国際美術大賞展が創立されました。第4回展より日本選抜美術家協会が主体となり開催しております。平成19年に第33回日選展と第19回国際美術大賞展を一本化し、第33回国際美術大賞展として開催し現在に至っております。
 埋もれた人材の発掘と美術文化の向上に努め、さらに社会福祉にも貢献しております。

会長の挨拶

会 長  磯島 志津子

 国際美術大賞展も今年44回展を迎えますが、今はどの美術団体も高齢化と会員数の減少という問題を抱えております。 日本選抜美術家協会も対策を考えなければいけない時期になり、心機一転、以前のような賞金を復活し、故永森名誉会長の志された「出品者のための展覧会」を開催し、協会の活性化を図っております。
時代が求める展覧会を目指します。

磯島会長写真

磯島 志津子Shizuko Isosima

日本選抜美術家協会 会長

日本選抜美術家協会

国際美術大賞展は、平成元年に 「埋もれた作家の発掘と養成」 を目的とし、ひいては画壇、美術界に新風を送り込もうという趣旨で開催されました。

Address

日本選抜美術家協会事務局
〒203-0054
東京都東久留米市中央町2-3-6-314
若山方
問い合わせ